子どもの教育資金などのために借入

どうしてもお金が必要なとき、
なのに手持ちのお金で足りないときってありますよね。
あなたの場合はどんなときでしょうか。
旅行やギャンブルなどの遊び? それとも教育資金や
生活費といった切実なものでしょうか。
そして、お金を借りる場合には、家族や親戚、
友人に借りるでしょうか。銀行から借りるでしょうか、
カードローンから借金するでしょうか。

こちらのサイトでは、さまざまな方の、カードローンで
お金を借りたときの体験記を掲載しています。
興味をお持ちの方に読んでいただければ幸いです。

こちらは、50代男性会社員の方の体験記です。

子どもの教育資金などのためにプロミスから借入

旅行、クレジットカードの支払い、
子供の教育資金などの一時払いのために利用しました。

申し込みにはプロミスのATM機を利用しました。
実際の担当の方が音声のみでいろいろ指示を
与えくれるので、その通りにしました。
最初に申し込み用紙が出力されてきたので
必要な項目を入力し、機械にいれました。

担当の方がその内容を確認し、
源泉徴収票の入力を求められましたので、
指示通りの方法で機械にいれました。
担当者の方の指示でスキャンされているようでした。

あとは、企業に在籍している確認として
会社の連絡先を聞かれ、後日会社に
連絡をいれるとのことでした。

在籍確認電話の詳細

”~の佐藤”という所属、名前で電話をするが
大丈夫かと聞かれましたので、大丈夫です、と答えました。
在席している時間帯を教えてくれとのことでしたので
16時以降から18時ごろまでであれば大丈夫と答えました。
その日の審査は以上で終わりました。

翌日の夕方、昨日の担当者とは別の方から
会社の代表電話経由で電話がきました。
昨日の指示通り、佐藤の名前でつながりました。
そこで私の名前と住所と生年月日をつたえて、
ありがとうございましたと言われ切りました。

数日後にカードと契約書が郵送されてきました。
カードでコンビニのATMに行ったところ、
出金できました。

審査は意外と簡単

必要書類として、源泉徴収票を提出しました。
現住所や携帯番号を聞かれた以外は、審査といった内容では特に聞かれませんでした。
会社名と収入を記載してあったので、あとは本当にその会社にいるのかということ確認です。
先の通り、代表電話経由で職場に電話がありました。
申し込み時点であらかじめ決めていた会社名と名前で電話がかかってきました。

家族にも仕事場の人にもバレずに済んだ

バレる要素としては、申し込み時にATMを使ったので
その現場を見られるリスクと、
家に郵送されてくるカードや契約書を
家族がみないかといったリスクになるかとおもいますが、
ATMは自宅からは電車で60分以上かかる
会社への途中駅にあったのと、
プロミスは三井住友の提携サービスで、
ATMは三井住友の支店にもあったので、
支店に入る人に知り合いがいなければ
バレるリスクは低いと思います。

郵送の件は、家ではルールとして自分宛の郵送物以外は
勝手に開けないということにしていますので
バレることはありませんでした。